女性の育毛は自律神経を働きを安定させることが大切

オリジナル見出し01

育毛といえば男性というイメージも多いと思いますが、近年は薄毛に悩む女性も増えています。



男性の薄毛はAGAのように遺伝の影響で起こるものが多いですが、女性の薄毛は生活習慣の影響で起こる「びまん性脱毛症」が多いといわれています。



びまん性脱毛症は、髪の毛のコシやツヤがなくなって細くなるとともに、抜け毛が増加して頭髪が全体的に薄くなるのが特徴で、様々な要因で頭皮の血流が悪化して髪の毛を成長させる毛母細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなることによって引き起こされます。



頭皮の血流が悪化する要因は様々ですが、その一つに自律神経の乱れが挙げられます。



人間は自律神経によって血管の収縮と拡張を制御し、全身の細胞に血液が十分に行き渡るように細かく調節していますが、自律神経の働きが不安定になると全身の血液をうまく循環させられなくなるため、頭皮の血行が悪化してしまうというわけです。



女性は、加齢によって卵巣機能が衰えてエストロゲンの分泌量が減少することに加え、過度なストレスが続いたり、不規則な生活で睡眠不足が続いたりするなど様々な要因によって自律神経の働きが不安定になるので、女性の育毛ではこうした生活習慣の乱れを改善して自律神経の働きを安定させることが重要といえるのです。



特に、40代、50代では卵巣機能の低下や閉経によってエストロゲンの分泌量の減少は避けられない面もありますが、エストロゲンの分泌を助ける成分が豊富な大豆食品やザクロなどの食品には自律神経を安定させる働きがあるので、これらの食品を積極的に食べることで育毛効果が期待できます。



なお、現在では女性の薄毛治療を行うとともに、育毛についてのアドバイスも丁寧に行ってくれる専門外来を設置している皮膚科クリニックも増えているので、生活習慣の改善で効果があらわれない場合にはこうしたところを受診してみることをお勧めします。



関連リンク

  • タイトル21

    薄毛の悩みは男性の悩みと思われがちですが、最近は女性も薄毛や抜け毛の症状で悩んでいる方が増加しており特に若い女性に多く病院でも専門外来ができていますが、処方される薬のほとんどが男性用の育毛、発毛薬が多くおすすめできません。女性の薄毛や抜け毛の原因は男性の様に遺伝や男性ホルモンが原因ではなく、多くは加齢や女性ホルモン、ストレス、紫外線が原因である事が多く、若い方の場合は髪を染めた時の染髪剤やパーマ液の使用を繰り返したため頭皮に負担をかけすぎたために薄毛になる事が多いため、専用の育毛剤の使用をする事で病院に行かずに効果が出る事が多くあります。...

  • タイトル22

    女性でも育毛を意識する方が増えているようです。女性にとって髪の毛がとても重要な存在であるとよく言われていますので、薄毛にお悩みの方も多いかと思いますが、女性が行った方が良いであろう育毛対策がありますのでご紹介します。...